太田窪の家

用途 : 専用住宅
種別 : 新築
構造 : 木造2階建
敷地 : 110.62㎡
延床 : 99.81㎡
竣工 : 2014年2月

施工 : 山崎工務店
撮影 : 新 良太

リビングを覗くバルコニー、光を階下に落とすインナーバルコニーのある住宅です。

敷地からは桜並木が見えるため、希望は桜の季節など友人同士で集まり、バルコニーで外ごはんでした。様々な選択の中でその希望は叶えられませんでしたが、リビングから桜並木に対する開口、屋上につくったバルコニーとリビングとの関係、光を階下まで落とすインナーバルコニーをつくるといった提案を好んで頂けました。
ご主人の趣味である自転車の手入れやちょっとした作業のできる土間も、土間から靴を脱ぎ階段へ、子供スペースから土間を通って寝室、といった上足と下足の動線を楽しんで受け入れて下さり、明快なプランに仕上がりました。

東西にながれる土間とインナーバルコニーにより、午前は東の窓から南面のハイサイド、午後は土間に面する窓からと光の移ろいを感じる明るい空間となっています。