よろいばりの家

用途 : 専用住宅
種別 : 新築
構造 : 木造2階建
敷地 : 100.32㎡
延床 : 100.26㎡
竣工 : 2016年9月

施工 : 富野工務店
撮影 : 新 良太


住宅地にありながら、周囲からの視線を気にせず住まうことのできる住宅です。

道路から1.2M程の高低差のある敷地を有効に使うためにスキップフロアで構成をしました。

東西に細長い敷地のため南側との離れが取りにくく、
隣家越しの採光を考えた結果、二階の天井の高い伸びやかな空間になりました。

内部からは大きな窓が開いているので空が見え、時々刻々の光が入ってきますが、
外部からは大きな窓の存在自体が意識されないほど、内外の視線が切れています。
周囲への視線、周囲からの視線をうまく切ってあげることで、
敷地や周辺環境にかかわらず、家の中での生活がゆとりあるものになるように計画しています。